当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

プラグイン API/フィルターフック一覧/no texturize shortcodes

提供: WordPress Codex 日本語版
< プラグイン API‎ | フィルターフック一覧
2016年5月12日 (木) 16:45時点におけるGblsm (トーク | 投稿記録)による版 (流し込んだ en:Plugin_API/Filter_Reference/no_texturize_shortcodes 07:27, 12 May 2016 Gblsm 版を和訳。)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

この項目「プラグイン API/フィルターフック一覧/no texturize shortcodes」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

'no_texturize_shortcodes' フィルターは、どのショートコードを wptexturize() 関数で実行しないかを指定します。

デフォルトでは、WordPress はすべての投稿と固定ページのコンテンツをテキスト化 (texturize) します。これはショートコード内のコンテンツもです。テキスト化処理は「ふつうの」引用符を「ファンシーな」クォート(「スマート」クォート、「カーリー」クォート)へ置き換えます。しかし時には止めさせたいでしょう... 特にショートコードが前処理済みのテキストを必要とする場合など。

パラメータ

$default_no_texturize_shortcodes
配列) (必須) テキスト化させないショートコードの配列。
初期値: array( 'code' )

使い方

フィルターにはテキスト化対象外のショートコード名の配列が渡されます。フィルターを使うには、テキスト化したくない各ショートコードを配列へ加えるだけです。

用例

"myshortcode" の内容をテキスト化したくなければ:

add_filter( 'no_texturize_shortcodes', 'shortcodes_to_exempt_from_wptexturize' );
function shortcodes_to_exempt_from_wptexturize( $shortcodes ) {
    $shortcodes[] = 'myshortcode';
    return $shortcodes;
}

変更履歴

新規導入: 2.8.0

ソースファイル

no_texturize_shortcodeswp-includes/formatting.php にあります。


ショートコード: do_shortcode(), add_shortcode(), remove_shortcode(), remove_all_shortcodes(), shortcode_atts(), strip_shortcodes(), shortcode_exists(), has_shortcode(), get_shortcode_regex(), wp_audio_shortcode(), wp_video_shortcode(), フィルター no_texturize_shortcodes /en


Texturization

最新英語版: WordPress Codex » Plugin API/Filter Reference/no texturize shortcodes最新版との差分