当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「テンプレートタグ/the time」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(Time as AM/PM VS. 24H format)
(和訳完了,)
1行目: 1行目:
{{Languages|
 
{{en|Template Tags/the_time}}
 
{{ja|テンプレートタグ/the_time}}
 
}}
 
 
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
  
現在の投稿の時間が表示されます。投稿の時間に戻すには [[Template Tags/get_the time|get_the_time()]]を使います。 この関数はループ内で使用する必要があります [[The Loop]]
+
現在の投稿の時間が表示されます。投稿の時間に戻すには [[テンプレートタグ/get_the time|get_the_time()]]を使います。 この関数は[[ループ]]内で使用する必要があります。
  
 
== 使い方 ==
 
== 使い方 ==
15行目: 10行目:
 
== パラメータ ==
 
== パラメータ ==
  
{{Parameter|$d|string|The format the time is to display in.  Defaults to the time format configured in your WordPress options.  See [[Formatting Date and Time]].|optional}}
+
{{Parameter|$d|string|時間を表示するフォーマット。デフォルトは WordPress の設定画面で定義されている時間のフォーマット。[[日付と時刻の書式]]も参照。|optional}}
  
 
== 用例 ==
 
== 用例 ==
21行目: 16行目:
 
=== 初期設定での使用 ===
 
=== 初期設定での使用 ===
  
初期設定ではWordPressの時刻を表示します。
+
初期設定では WordPress の時刻を表示します。
 
  &lt;p&gt;Time posted: <?php the_time(); ?>&lt;/p&gt;
 
  &lt;p&gt;Time posted: <?php the_time(); ?>&lt;/p&gt;
  
=== Time as AM/PM VS. 24H format===
+
=== AM/PM または 24時間形式の時刻 ===
  
文字列のパラメータを使用して時刻を表示します。
+
<tt>'g:i a'</tt> という文字列のパラメータを使用して時刻を表示します (: 10:36 pm)
<tt>'g:i a'</tt> (ex: 10:36 pm).
+
  
  &lt;p&gt;Time posted: <?php the_time('g:i a'); ?>&lt;/p&gt;
+
  &lt;p&gt;投稿時刻: <?php the_time('g:i a'); ?>&lt;/p&gt;
  
 +
<tt>'G:i'</tt> という24時間の形式で時刻を表示します (例: 17:52) 。
  
24時間の形式で時刻を表示します。
+
&lt;p&gt;投稿時刻: <?php the_time('G:i'); ?>&lt;/p&gt;
<tt>'G:i'</tt> (ex: 17:52).
+
  
&lt;p&gt;Time posted: <?php the_time('G:i'); ?>&lt;/p&gt;
+
=== 年月日 ===
  
=== 年、月そして日 ===
+
時間を日付のフォーマット <tt>'Y年n月j日'</tt> で表示する (例: 2004年12月2日) 。[[テンプレートタグ/the date|the_date()]] タグの代わりに使えます。
  
Displays the time in the date format <tt>'F j, Y'</tt> (ex: December 2, 2004), which could be used to replace the tag [[Template Tags/the date|the_date()]].
+
&lt;div&gt;<?php the_time('Y年n月j日'); ?>&lt;/div&gt;
  
&lt;div&gt;<?php the_time('F j, Y'); ?>&lt;/div&gt;
+
=== 日付と時刻 ===
  
=== Date and Time ===
+
日付と時刻を表示します。
  
Displays the date and time.
+
&lt;p&gt;投稿日: <?php the_time('Y年n月j日'); ?> @ <?php the_time('g:i a'); ?>&lt;/p&gt;
  
&lt;p&gt;Posted: <?php the_time('F j, Y'); ?> at <?php the_time('g:i a'); ?>&lt;/p&gt;
+
<div style="border:1px solid blue; width:50%; padding:10px">投稿日: 2007年6月17日 @ 7:19 am</div>
 
+
<div style="border:1px solid blue; width:50%; padding:10px">Posted: July 17, 2007 at 7:19 am</div>
+
  
 
== 関連 ==
 
== 関連 ==
57行目: 49行目:
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
[[Category:Template Tags]]
+
{{原文|Function_Reference/the_time|140453}}<!-- 2014-01-13T03:03:06 Netweb 版 -->
 +
 
 +
[[Category:テンプレートタグ]]
 +
 
 +
[[en:Template Tags/the_time]]

2014年8月26日 (火) 22:56時点における版

説明

現在の投稿の時間が表示されます。投稿の時間に戻すには get_the_time()を使います。 この関数はループ内で使用する必要があります。

使い方

<?php the_time( $d ); ?>

パラメータ

$d
string) (optional) 時間を表示するフォーマット。デフォルトは WordPress の設定画面で定義されている時間のフォーマット。日付と時刻の書式も参照。
初期値: なし

用例

初期設定での使用

初期設定では WordPress の時刻を表示します。

<p>Time posted: <?php the_time(); ?></p>

AM/PM または 24時間形式の時刻

'g:i a' という文字列のパラメータを使用して時刻を表示します (例: 10:36 pm) 。

<p>投稿時刻: <?php the_time('g:i a'); ?></p>

'G:i' という24時間の形式で時刻を表示します (例: 17:52) 。

<p>投稿時刻: <?php the_time('G:i'); ?></p>

年月日

時間を日付のフォーマット 'Y年n月j日' で表示する (例: 2004年12月2日) 。the_date() タグの代わりに使えます。

<div><?php the_time('Y年n月j日'); ?></div>

日付と時刻

日付と時刻を表示します。

<p>投稿日: <?php the_time('Y年n月j日'); ?> @ <?php the_time('g:i a'); ?></p>
投稿日: 2007年6月17日 @ 7:19 am

関連

テンプレート:Date Tags


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/the_time最新版との差分